【PUSH ME!!】 STDチェッカーでHIV検査をしよう!ココを押してね!

【HIV・AIDS関連事件】世間を騒がせたAIDSの事件。

KatsuGoRo

僕はHIV感染者です。病気は時に人の感情を変えてしまうことがあります・・・

恐怖は誰にでもある感情で、時として犯罪を招くこともある。 過去に起きた事件が現代の僕たちに正しい道を学ばせてくれることを祈る。

“神戸エイズパニック”

この事件の紹介と項目をリストアップしてみますね!

KyonoSuKe

  1. “神戸エイズパニック”の事件の詳細。
  2. カリニ肺炎とは?
  3. メディアが報道した理由は?
  4. 報道がプライバシーを侵害した。
  5. 自殺未遂、ノイローゼに陥る人まで・・・。
  6. “神戸エイズパニック”の沈静化した理由。

KatsuGoRo

神戸エイズパニックの事件の詳細です。

1986年の夏、神戸市在住の女性(29歳)が体調不良を訴え、同11月に市内の病院に入院。肺炎と診断されたものの高熱が続き、別の病院に転院。のちにエイズ患者特有のニューモシスチス肺炎と診断されたことから、1987年1月17日に日本で初めて女性のエイズ患者が神戸で確認されたと話題となり、国内にパニックを引き起こした。

ニューモシスチス肺炎とは?

正式にはニューモシスチス・カリニ肺炎と呼ばれ、“真菌”という細菌の一種が肺に病変を生じ、発熱や1~2か月ほど持続する痰の絡まない咳(乾性咳嗽)を引き起こす。悪化すると呼吸障害が重症化してきて、呼吸困難を伴うという病気です。

メディアが報道した理由は?

1、当時は治療薬がなく、確実に死に至る病気とされていた。近年ではデング熱やジカ熱、エボラ出血熱といった新たな感染症が世間をにぎわせ、社会的に不安が広がっていた。

2.AIDSは同性間の性交渉で感染すると言われていた当時、同性愛者以外で患者が見つかったことでパニックになった。

報道がプライバシーを侵害した。

記者発表から報道は過熱し、虚実のない誤報まで垂れ流された。

  • 「不特定の男性100人以上を相手に7年間売春行為をしていた。」
  • 「感染源はギリシャ人船員。」
  • 「三宮・元町で出会った男性と性交渉をもったため、心当たりのある方は血液検査を・・・」

売春婦だからエイズに感染したと言った内容は、女性を患者ではなく「加害者」に変えていく。女性のプライバシーを暴いて接触者をさがすものまで現れ、女性の実名や顔写真を載せる週刊誌まであった。

自殺未遂、ノイローゼに陥る人まで・・・。

発表から3日後の1月21日 、女性は発症からわずか半年でこの世を去った。この事がまた世間を騒がせピークに達する。

市の記録によると、

  • 21日当日だけで血液検査を含む市への相談件数は 1178件
  • 問い合わせは同18日~31日の2週間で合計約8400件
  • 血液検査を受けた後に自殺を図ったり、ノイローゼに陥った男性もいたという。

“神戸エイズパニック”の沈静化した理由。

ここまで世間を騒がせた“神戸エイズパニック”の事件は約2か月で沈静化する。 あくまで予想に過ぎないが沈静化した理由は、

  1. 「普通の生活ではうつらない」という思いこみ。
  2. 「普通の人」の無関心
  3. 「エイズは売春行為から感染する」という誤解

エイズは売春行為で感染するといった誤解や、普通の生活をしている人にはうつらないといった無関心さからか、事件は終息していく。

追記・・・

KatsuGoRo

過去と現在のメディアのあり方と病気に対する世間の認識は変わってきているように思う。

昔に比べるとプライバシーの概念は多少なりとも守られているようにも感じます。ネット社会が進んでいる現代では情報がスマホで手軽に入手できるのも現代だからできることだと思います。

ただ変わらないHIVやAIDSに対する認識は、

  1. 同性愛者との間で起こる話
  2. エイズは売春行為から感染する

同性愛者の間では子供が生まれないので異性愛者に比べ避妊行為に対する意識があまりないので性病や病気を感染する確率が高いのと、

エイズは売春行為から感染する 」などといった誤解はあくまで確率として高いというだけにすぎません。

僕はHIVやAIDSだけでなく、自分を大事にするという意味でも「検査」や「健康診断」を受けるなど、「プライベート」というあなたの貴重なお時間ですが頭の片隅でもいいので意識をしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です